日本人の平均身長はもう伸びないのか?

日本人の平均身長は戦後一貫して伸び続け、あと数センチで欧米人に追いつくところまできていました。

ところが、数年前から身長増加に頭打ち傾向がでてきました。これはなぜでしょうか?

身長が伸び悩んでいるお子さんをみていると、日々の生活のなかに、身長増加の邪魔をするような原因を見いだすことができます。

つまりそれらの原因を見つけ出し、親御さんが取り除いてあげるだけでも、身長がグングン伸びるようになる場合もあります。

日本人の栄養状態

日本人の栄養状態は、国全体でみればひと昔前にくらべかなり良くなりました。

しかし、このような豊かさの一方で、数々の「歪み」が生じ、これが、日本人の平均身長増加に悪影響を与えてがいる可能性もじゅうぶんに考えられるのです。

例えば便利で手軽なインスタント食品、マクドナルドなどのファーストフード、栄養の偏ったスナック菓子等・・・。

これらの豊かさによって登場した食品が、お子さんの身長増加を邪魔しているケースもあります。

一生のうちでもっとも身長の伸びる世代に、コンビニ食やインスタント食品の過剰摂取による偏食。

またスマホやビデオゲームなどによる睡眠不足は、確実に子どもの身長増加を阻害しているはずです。

また子供の遊び方が大きく変化したことも影響しています。

グラウンドや屋外で駆け回っていたはずの子供たちが、今ではスマホやビデオゲームが遊びの中心です。

結果、慢性的な運動不足となり、いじめや家庭崩壊などによる情緒不安定、どれをとっても子どもの発育を阻害するものばかりです。

カルシウム不足が身長の伸び悩む原因のひとつに

カルシウム不足は、他の栄養素の摂取量が欧米化した現在でも続いており、これも、日本人の身長が伸び悩む一因となっています。

身長の伸び率 推移グラフ

戦後一貫して増加してきた日本人の身長は、男子では、1970年生まれころから170cmを越えましたが、その後は横ばい傾向になってきています。女子でも、1970年生まれころから横ばい傾向になってきています。

世界の中の日本人の身長

近年、日本人の平均身長が伸びてきていると、テレビや新聞などでしばしば報道されています。

ただ実際のところ、欧米諸国の平均身長と比べると、まだかなりの差があります。

その大きな理由のひとつが日本の子供が早熟という部分といえるでしょう。

日本の子供は欧米より早熟?

日本人の子供は欧米人より早熟なため、身長の伸びが早く止まってしまいます。

大人の身長を比較すると大きく違い欧米と日本でうが、意外なことに、子どもの身長だけを欧米人と比べてみると、あまり大きな差はりません。

その理由が身長が伸び続ける期間です。

欧米人のほうが子どもの時期が長く、身長が長い間伸び続けるため、成人の身長を比べてみると大きな差ができるのです。

 アメリカの平均身長日本の平均身長
男性177.0cm170.0cm
女性164.0cm157.8cm

アメリカの平均身長と比べると、男性で7センチメートル、女性で6.2センチメートルの差があります。

たしかい身長は高いほど良いというものでもありません。

ですが生活習慣の改善でもっと身長が伸びるのなら、もっと伸ばしてあげたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする