何時間寝れば子供の身長はより伸びるのか?背を伸ばす成長ホルモンと睡眠

寝る子は育つというけれぼ「いったい何時間寝たらいいのですか?」

これは身長に悩むお子さんをもつ親御さんにありがちな疑問ですが、身長増加のための必要最低限の睡眠時間には個人差があるので何時間と明確に答えることはできません。

ただ一般的な睡眠時間なら、幼稚園児は10時間以上で朝起こさなくても起きるのが理想的です。これを自律起床といいます。

ちなみに年齢別の理想的な睡眠時間は以下の通りになります。

年代理想的な睡眠時間
幼稚園児10時間以上→自律起床(朝、起こさなくても、起きてくるのが理想)
小学校低学年9~10時間
小学校高学年9時間半
中学生8時間半(女子では、すでに、からだができているので、少し短めでも良い)
高校生7~8時間(すっきりした気分で起きられたら、もっと短くてもかまわない)

学生で思春期前の子は10時間を目安に

また小学生で思春期前の子は、10時間くらい必要といえるでしょう。

この時期の身長は成長ホルモンの分泌に正比例して伸びるので、しっかり寝て、十二分に成長ホルモンが分泌されるようにしたいものです。

思春期になると、成長ホルモンだけでなく性ホルモンも身長を伸ばしてくれますので、少々寝不足でも意外と身長は伸びます。

ですが思春期というのは一生のうちでもっとも多く成長ホルモンが分泌されるので、極端な睡眠不足はせっかくの思春期の急激な身長が伸びだすタイミングを邪魔する可能性もじゅうぶんにあります。

またこの時期は、心身ともに劇的に変化する時期。十分からだを休めることは大切です。9時間半は睡眠をとりたいものです。思春期も終わりに近づくと八時間程度で十分でしょう。

年が離れた兄弟の場合、年齢によって就寝時間を変えてみる

たとえば、12歳、5歳、8歳の三兄弟の場合、三人全員が10時に就寝して、7時に起床したとします11歳と8歳の上二人にとっては、9時間睡眠は十分かもしれませんが、いちばん下の5歳の子は、あきらかに睡眠不足です。

そこで親御さんには下の子を先に寝かせる工夫が必要です。

兄弟が多いと下の子の身長が伸びにくい・・・といわれていますが、じつはこんなことも原因の一つかもしれません。

寝る前には怒ると興奮状態に、身長にも悪影響

お母さん子どもは一日に何回もお母さんを怒らせるようなことをするものです。

ですがいくら腹が立っても、お母さん、寝る前、食べる前、学校に行く前には怒らないでください。

なぜなら激しく叱られると、子どもは強いストレスを感じ、子どもの体内ではアドレナリンというホルモンが分泌され一時的な興奮状態になります。

このようなアドレナリンが分泌された状態は、睡眠の妨げになりますし、また、食事の前であれば、食欲の妨げになります。

 夜食を食べると成長ホルモン分泌が悪くなる

最近では夜更かしの子どもが多く、夜食をとるのが習慣になっている子も多いようです。

成長ホルモンは睡眠中に分泌量が増しますが、就寝前に夜食をとると、この睡眠時の成長ホルモン分泌が悪くなり、身長の伸びに悪影響を与える可能性があります。

成長ホルモンが十分に分泌されるためには、血糖値がある程度下がる必要があるのです。血糖値とは、血液中の糖分の濃度のことです。

夜食、特に甘いものを食べると血糖値が上昇し、成長ホルモンの分泌が悪くなります。なるべく食事は寝る2時間前には済ませておきましょう。

またどうしてもお腹がすいて眠れない時は、チーズ、たまご、豆類、牛乳などの、糖分よりもタンパク質の多い夜食にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする