【何歳まで背が伸びる!?】早熟な子供ほど身長増加が早く止まる!

欧米人は日本人と比べてなぜ身長が高いのでしょうか?

ズバリ、答えは欧米人のほうが、大人になるのが遅く、その結果、身長の伸びが止まるのが遅いからです。

言い換えるなら、日本人にくらべて子供の期間(成長する期間)が長いから・・・ということに他なりません。

子供の頃は変わらない日本人と欧米人の身長

中学生までは日本人と欧米人の身長の差はあまりありません。

ところが、高校生になると日本人はほとんど伸びませんが、欧米人はまだまだ伸びます。このページでは、早すぎる思春期(ししゅんき) を防ぐのにはどうすれば良いのかという部分についてお伝えします。

早熟な子は早く伸びが止まる

日本人は早熟を喜ぶ傾向があります。

しかし肉体が早く成熟し成人になるということは、成長する期間が短いこと。つまり早く身長の伸びが止まってしまうということなのです。

女子では初潮を迎えると、その後は約6センチメートル程度しか背が伸びません。男子でも声変わりすると、その後はあまり伸びないことがハッキリしています。

思春期の身長の伸びはめざましく、身長増加のスパートと呼ばれています。

しかし、この身長増加のスパートは、身長増加がゴールに達する直前のラストスパートを意味しますので、もうすぐ身長が伸びなくなる前ぶれなのです。

思春期のスパートを迎えるまでに、どのくらい身長が伸びたかが、成人に達した時点での身長の高い低いを決定するのです。

大切なのは思舂期までにどれほど伸びるか!

上記のように思春期に身長がよく伸びることは、知ってもらえたと思います。

当ページをご覧の親御さんも自分の思春期を思い出してみてください。

ちょうど思春期のころ、あっという間に制服がからだに合わなくなったり、よく背が伸びませんでしたか?

じつはこの思春期の伸びには、あまり個人差がないのです。つまり、思春期の間は誰にでも訪れ、誰でもよく身長が伸びる時期なのです。

言い換えるなら、成人に達した時の身長の差となるのは、思春期の伸びではなく、思春期以前の伸びということもできます。

早めに思春期を迎えてしまうと、小児期が短くなり、結果的に身長が伸びる期間が短くなり、十分に身長が伸びずに成人に達してしまいます。

子供である期間の長いお子さん、つまり思春期が遅い子は、小児期が長く、その分、身長が伸びる期間が長いのです。

 思春期の早い子と思春期の遅い子

あまり知られていませんが、日本の子どもは、世界の中でも早熟だといわれています。

ななとなく欧米人のほうが早熟という印象がありますが、実は日本の子どものほうがずっと肉体的には早熟なのです。

この原因はよくわかっていませんが、日本の子どもは欧米の子どもよりも、早くおとなになってしまい、結果、早く身長の伸びが止まってしまうのです。

日本人男性の精通(男子の初めての射精)を1970年代生まれの男性について調査したところ、平均が12歳10か月でした。

この数字は、欧米の男性と比べて一年程度早いことがわかりました。

一方、日本人女性の初潮年齢は12歳6か月ですが、これは先進国のなかではもっとも早く、欧米の子どもより約6か月早くなっています。

じつはこの六か月の差が、欧米との身長差の一つの原因になっています。

日本の子どもは早熟なため身長増加が早く止まる

日本の子どもとアメリカの子供の平均的な成長曲線を比較すると、欧米人にくらべ、日本人は早熟で早く身長の伸びが止まってしまうことがわかります。

中学一年生どうしを比較しますと、身長はほとんど同じです。ところが、日本人は高校に入ってからはほとんど身長が伸びません。

日本の子どもは、早熟なため、アメリカの子どもより早く骨が固まり、大人のからだになってしまい、15歳以降はほとんど伸びません。

これに対して、アメリカの子どもは、まだ大人のカラダになっておらず、身長は伸び続けるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする