一番大盤振る舞いのプロバイダーなんかは…。

WiMAXをレベルアップした形で登場したWiMAX2+は、そのWiMAXの3倍の速さでモバイル通信ができるようになっています。しかも通信モードを変更することにより、WiMAXとWiMAX2+は言うまでもなく、au 4G LTEも使うことができます。

WiMAXは実際に料金が割安なのか?所有のメリットや留意点を把握し、人気の格安SIM等とも比較した上で、「現実に割安なのか?」についてお話ししたいと思います。

自宅の他、外に行った時でもネットに繋げられるWiMAXではあるのですが、絶対に自宅でしか使用しないということでしたら、WiMAXモバイルルーターなんかよりもホームルーターの方をおすすめしたいと思います。

UQWiMAXを除いたプロバイダーは、本家であるUQWiMAXから通信回線の設備を拝借させてもらうためのコストしか負担する必要がないので、UQWiMAXと比較してみましても、その料金は安いことがほとんどです。

目下販売されている色々なモバイルルーターの中で、中立的な立場に立っておすすめしたいのはズバリどれなのかを、それほど通信関連については分かっていないという方にも納得いただけるように、ランキング形式でご紹介させていただきます。

WiMAXについては、当然キャッシュバックキャンペーンが人気を博しますが、ここ1〜2年は月額料金を低額にできるキャンペーンも高評価です。

プロバイダーの1社「GMOとくとくBB」は、惹かれるキャッシュバックキャンペーンを継続中ですが、そのバックされるお金をちゃんと手にする為にも、「キャッシュバック振込準備完了メール」が受信できるように設定しておくことが必須です。

WiMAX2+は、2013年にリリースされたモバイル通信回線サービスです。それまでのWiMAXと比較してみましても、通信速度などが更に高速になり、いくつものプロバイダーが一歩先を行くWiMAXとして、キャンペーンなどを取り入れながら販売しているというわけです。

WiMAX2+のギガ放題プランを契約すれば、ひと月7GBというデータ使用量の規定はありませんが、3日間で3GBを超過するようなことがあると、速度制限に見舞われるということを忘れないようにしてください。

モバイルWiFiを安く利用するには、とにかく月額料金が肝だと言えます。この月額料金がリーズナブルな機種を選定すれば、トータルコストも安く抑えられますから、何と言ってもその点をチェックしなければなりません。

動画を視聴するなど、容量の嵩張るコンテンツを主として利用するという方は、WiMAX2+の方を選択すべきです。いろいろプランがありますから、それらのWiMAX2+プランを比較しならご紹介します。

モバイルWiFiルーターを選択する場合に、とにかく焦らずに比較すべきだと考えられるのがプロバイダーです。プロバイダーが違えば、使うことができるモバイルWiFiルーターであったり料金がまるっきり違ってくるからなのです。

どういったタイプのモバイルルーターにも3日間3GBか1ヶ月間7GBの速度制限規定が設けられているのです。そうは言っても非常識とも言える利用の仕方をしなければ、3日間で3GBに到達することはあまりないでしょうから、そんなに頭を悩ます必要はありません。

ワイモバイル提供のポケットWiFiは、決められているパケット通信量を越しますと速度制限がなされます。この速度制限が為されることになる通信量は、求める端末毎に違っています。

一番大盤振る舞いのプロバイダーなんかは、キャッシュバックを40000円に届きそうな金額にしていますので、モバイルWiFi自体の月額料金が他のプロバイダーと比較して高額だとしても、「トータル的に見ればこちらの方が安い」ということがあり得るというわけです。

ポケットWi-FiとWiMAXの解説サイト:WiMAXプロバイダ安さで選ぶ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする