身長を伸ばすなら休日の食事をひと工夫を!

お子さんの低身長に悩まれているパパさんママさんの中には、

『何か身長が伸びる良い方法が知りたい』

とサプリメントや具体的な解決法をお探しの方も多いかと思います。もしかしたらそんな情報を探してネットサーフィンされているのはないでしょうか。

ですが結果からいいますと、お子さんの身長を伸ばすのに特効薬などありません。お子さんが健康的に毎日を過ごすことが、結局は背を伸ばす近道だったりするのです。

どうしても効率よくお子さんの身長を伸ばしてあげたい・・・というのが親心なんですが、毎日の食事や子供との付き合い方こそが、身長アップにつながるのです。

子供の背を伸ばすなら食事内容は基本中の基本

忙しい毎日に追われたママさん、お子さんの学校の休みである休日くらいはゆっくりと朝寝ぼうをしたいのは当然ですよね。

ですがお子さんの身長増加を考えた場合、休日こそ手を抜いてはいけません。普段は給食で必要な栄養素は網羅されていますが、休日はママさん次第ですからね。

そもそも休日となると朝寝坊のお子さんも多いでしょう。

中にはお子さんどころか、パパさんママさんも目覚ましをかけずにのんびりと・・・というケースもあるでしょう。

じっさいにとあるデータでは、休日には朝食を抜く割合が平日の3~4倍以上であり、また昼食も麺類やおにぎり等が多くおかずが少ない。

結果として、給食のある平日に比べてカルシウムなどの摂取量が少ないようです。

平日は給食によっての栄養が足りていても、週末は栄養不足

平日は給食によっての栄養が足りていても、週末は栄養不足という状態が繰り返されれば、お子さんの身長増加にも少なからず悪影響はでます。

そこで休日の食事は以下のように取り組んでみませんか?
.kajou

  • 少しでも休日の朝にのんびりできるよう、前日にある程度、翌朝の食事を準備しておく
  • 休日の朝は通勤も通学もありません。ゆっくりできるので平日よりもしっかりと時間をかけて朝食をとるつもりで
  • 高学年以上のお子さんならば、手伝ってもらい一緒に朝食を準備する
  • たまに外食するときも、肉、魚、卵などのタンパク質が豊富なメニューのある店舗を利用する
  • 休日になるとジュースやコーラを選びがちですが、できれば平日のように1日1本程度の牛乳を飲む

こういった食生活を一工夫するだけで、平日に近い栄養素を摂取できます。あまり身長を伸ばすことに拘りすぎず、給食に負けずとも劣らない栄養価の高い食事を用意してあげてください。

参考までにお子さんの身長増加につながる良質なタンパク質を含むメニューは以下の通りです。

ビーフカレー・シチュー・ステーキ・ハンバーグ・ロースかつ・ミートソーススパゲッティ・カルボナーラ・麻婆豆腐

これらはタンパク質と必要なカロリーをバランスよく摂取できます。まさに成長期のお子さんにはおすすめのメニューといえますね。

そもそも背を伸ばす食材ってどんな食材?

『背が伸びる=牛乳』という印象が強いかもしれませんが、意外なことに牛乳はそれほど身長を伸ばす効果は実証されていません。

まず身長が伸びる=骨が伸びるということ。

骨の端部にある骨端線の付近に集まっている骨端軟骨を増殖させることが、身長が伸びることに直結しているのです。

この骨端軟骨は、就寝時間に多く分泌される成長ホルモンの働きによって幾層にも積み重なり骨が徐々に伸びていくわけです。

で、この骨端軟骨、骨端細胞が増殖する主原料となるのが、何を隠そう肉、魚、卵、チーズなどに含まれるタンパク質だといわれています。

牛乳に含まれるカルシウムも骨を伸ばすには必要だが・・・

一方、牛乳に多く含まれるカルシウム。

カルシウムはタンパク質によって増殖した幾層もの骨端軟骨を石灰化し硬くするために必要といえば必要な成分。

ですがカルシウム単体では骨端軟骨を増殖させることは不可能。

あくまでも良質なタンパク質をたっぷりと摂取した上で、適量なカルシウムの摂取が生きてくるのです。

残念ながら背を伸ばしたいと牛乳を一生懸命に飲み続けているお子さんもいますが、それ以上に良質なタンパク質を摂ることが大切。

逆に牛乳を飲みすぎることで腹が膨れてしまい、食欲が満たされてしまえば身長増加を妨げてしまうリスクもある・・・ということも忘れずに。

当サイトでは他の個別ページで身長を伸ばす食事や栄養素についてまとめています。ぜひあわせてそちらも参考にして、食生活からグングン伸ばしてみて下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする