【姿勢を正して身長を高く】背が高くみえる姿勢の正し方と歩き方まとめ

不思議なもので、まったく同じ身長にもかかわらず身長が高く見える人、身長が低く見える人がいます。皆さんのまわりにもいませんか?

もちろん体型や全体のバランスなども関係していますが、身長が高く見えるか低くみえるかを左右するのが

『姿勢の良さ』や『歩き方』だといわれています。

意識を変えるだけで身長を高く見せることができる

思春期の終わりまでは身長が伸びるチャンスはあります。

ですが一般的なデータから考えても男子で17歳以降、女子でも15歳以降はほとんど身長の伸びは期待できません。

ですが正しい姿勢を習慣づけることで実際の身長以上にみせることだってじゅうぶんに可能です。今回は姿勢と身長の関係についてお伝えします。

姿勢の良さで数センチはアップ!

よくテレビや雑誌等でみかけるモデルさんや女優さん。

じっさいに間近で拝見してみると、『いつもテレビや雑誌でみている印象よりずっと小さかった!』って経験、今までにありませんか?

中には思っていたよりも大柄だった・・・というケースもありますが、たいていは想像しているよりも遥かに小柄で驚くものです。

じつはこれも身長と姿勢が関係しているのです。

モデルさんや女優さんの多くは、職業柄、立ち方や歩き方、自分がもっとも大きくスタイリッシュにみえるよう、日々、勉強し努力しています。

結果、一般的な女性にくらべ姿勢が美しいため、じっさいの身長以上に大きく見えるのです。

正しい歩き方の指導も受けて姿勢が良くなると、女優さんやモデルさんに限らず、普通の方でも確実に数センチ以上は身長は高く見えるものなのです。

【姿勢と筋肉】

立ったり歩いたり姿勢を維持したりといった日常動作の基盤となる筋肉が、QOL(Quality Of Life:生活の質)に強い影響を与える筋肉といえます。具体的には太腿前の大腿四頭筋・お尻の大臀筋・腹筋群・背筋群があげられます。これらの筋肉を鍛えるトレーニングを継続的に行うこと、また日常から活動的な生活を送ることが大切です。

引用 eヘルスネット

身長が高く見える正しい姿勢とは?

では具体的に良い姿勢とはどのような姿勢なのでしょうか?

具体的にお伝えします。

まず脊柱とよばれる頸椎胸椎腰椎背骨は頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙椎および尾椎からなります。頸椎は前方に、胸椎は後方に、腰椎は前方にある程度曲がっています。

良い姿勢とは

正面から見るとまっすぐで左右対称。側面から見ると耳孔中央からおろした垂線は肩、股関節中心わずか後方、くるぶしのわずか前方を通ること。

悪い姿勢とは

円背(猫背)胸椎の弩曲が強すぎる。前弩症(出尻)腰椎が前方に弩曲している。

側弩症前面から見てまっすぐなはずの背骨に歪みがある。

姿勢を良くする体操

では次に、姿勢を良くする体操について簡単にお伝えします。

ただ本格的に歪んでしまっている場合、重症化している場合、体操だけで姿勢を治すことは不可能です。状況によっては整形外科の医師に相談したほうがよい場合もありますので検討してみてください。

腹筋、背筋

基本姿勢は膝を立て、ゆっくり腹式呼吸をしてリラックスする

肩が床から25cmのところで止め、5秒ほどその姿勢を維持してゆっくりと戻す
腹筋、背筋は腰痛を予防する効果もあります。

背筋は以下の動画をご覧ください。

ストレッチング

いわゆるストレッチング運動を行ない、短縮している筋肉などを伸展します。また水泳のような全身運動も効果があります。

不良姿勢の原因があれば取り除く

子どもの学習机がお子さんのカラダに合っていないと姿勢を悪くする原因となります。

ちなみに適切な机、イスとは、イスは、足を平らにして床につけられ、太もも机がイスから浮かない程度の高さとなるもの。

机は、背筋を伸ばした姿勢で上腕が垂直となる高さ。また、両足が余裕をもって机の下に入るようにします。

重いカバンを長時間持ち歩くのも注意

重いカバンは左右の肩に均等に重いカバンを長時間持ち歩くと、姿勢が悪くなることがあります。がっちりした体格のお子さんなら心配ありませんが、きゃしゃなお子さんの場合は注意しましょう。

歩きやすい靴を選ぶ

また、見落としがちな部分ですが、お子さんの靴のサイズにも気をつけましょう。お子さんの場合、大人と違ってベストフィットな状態がよくわかっていない事もあります。

またお子さんの足は、小学生では1年に1センチ近く大きくなります。靴のサイズは、大きすぎても小さすぎても姿勢が悪化する原因になります。

最近、外反母趾の子どもが増えています。靴はサイズだけでなく形や素材にも気をつけて選びましょう。不適切な靴は外反母趾の原因となります。

【まとめ】姿勢を正すことで身長だけでなく健康に!

以上、姿勢を良くすると身長がより高くみえる理由、姿勢が良くなり高身長にみえる注意点をまとめてみました。
たしかに15~17歳を超えると身長はほぼ伸びません。これは人間のカラダの作りから考えてもどうすることもできない事実ではあります。

ですが多くの女優さんやモデルさんがそうであるように、正しい姿勢や歩き方、洋服の着こなしや髪形、体型などでじっさいの身長より高く見せることは可能です。


バスケットボールや陸上競技などの理由で、高身長でなければ結果が出せないケースもありますが、そういった必要に迫られている方はほんの一部のはずです。

また姿勢だけでなく、毎日の栄養と睡眠、たっぷりと体を動かすことも大切!とくに以下のデータのように年々、お子さんの運動量が低下しているデータもあります。

身長を伸ばすために努力することも大切ですが、ほんの少しでも上記のような姿勢や歩き方などの部分に目を向けてみるのもよい方法だと思いますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする